お風呂のご案内 / 登別温泉「ホテルゆもと登別」

トップページ >> お風呂のご案内

ゆもとの源泉、濃くて、まあるい湯。

当館自慢のお風呂は、100%源泉掛け流し。
効能・泉質の異なる3種類の源泉と1種類の混合泉を引き入れた浴槽では、それぞれの効能をじっくりとお楽しみいただけます。
名湯登別の溢れ出るいで湯をどうぞご堪能ください。

※源泉が高温のため、加水し適温調整をしております。
※一部浴槽で、条例に基づく殺菌剤使用と
濾過を行っております。

※大浴場 男女入替有
大浴場営業時間 13:00〜2:00 ・ 4:00〜9:30

▲上へ

温泉

大浴場

ゆったりスペースの浴場。
素足に心地よい床は、滑りにくい砂岩を敷き
安心してご入浴いただけます。

殿の湯
姫の湯 露天風呂

日差しがふりそそぐ露天風呂は、
木の香と湯の香が溶け合う潤いの空間。

バイブラ

仰向けに寝ながら入浴できるバイブラバスは、37度前後の体温に近い温度。ゆっくりと浸かって心身ともにリラックスを。

打たせ湯

硫黄泉の打たせ湯は、まさに温泉のマッサージ。肩や腰などに落下する温泉の湯を当て筋肉をほぐします。立ったり座ったりして水圧を調整しながらご利用ください。

パウダールーム

リラクゼーションルームもゆったりとご使用いただけるよう、ご用意いたしました。

▲上へ

効能

硫黄泉

糖尿病、高血圧、慢性婦人病、神経痛など。 独特の匂いがする乳白濁の湯。毛細血管や冠状動脈を拡張させる働きがあるため、慢性気管支炎や動脈硬化に効きます。
解毒作用もあり、慢性皮膚病などにも良いとされています。

食塩泉

貧血症、冷え性、神経痛、リウマチ、アトピー皮膚炎など。 無色透明で塩辛い味がする、日本で最も多い泉質のひとつ。
保温効果が高く、ポカポカと湯冷めしないため「熱の湯」とも呼ばれています。神経痛や腰痛、冷え性に良いお湯です。

酸性鉄泉

貧血症、慢性湿疹など。
鉄イオンを1kg中、20mg以上含む源泉。金属味がすることも。
よく温まり、貧血症や慢性湿疹などに良いです。

混合泉(酸性鉄泉+食塩泉)

慢性皮膚疾患、冷え性、貧血症、火傷など。 酸性鉄泉と食塩泉の混合泉。それぞれの効能が合わさっているため、多彩な症状に効くほか、美肌効果も期待できます。

▲上へ

上手な温泉の入浴法

豊かな成分を蓄えた登別の温泉は、
湯治などの長期療養にも高い効果が期待されます。
ぜひ正しい入浴方法で、
心と身体をたっぷりと癒してください。

かけ湯

入浴は、まず「かけ湯」をして身体を流してください。できれば頭に「かぶり湯」をするのも良いでしょう。脳血管を刺激し、血圧の上昇やのぼせの予防につながります。

ゆっくりと「半身浴」

血圧が急上昇するのを避けるために、湯船にはゆっくりと入りましょう。また、首まで浸かると水圧で心臓や肺などに負担が大きいので半身浴をおすすめします。

▲上へ